2017年01月31日

2017年1月31日 - Ohisashiburideath

2年7ヶ月くらいぶりの記事です。
ミュージシャン風霊長類の甲斐まさしです。これ最近気に入ってる肩書です。つまらないでしょう?

ここのところ色々と暮らしに追われているので何か気分転換をしよう、15分ほど。と考えておもいついたのが文章を書きなぐるということでした。昔から内容は薄いけけれども文章を書くことは嫌いじゃありません。

だからといって書くことを考えているわけでもないので完全に近況報告になりそうな予感がしていますがとりあえずこの2年7ヶ月であったことを書きましょう。
2013年7月に地元宮崎に帰ってきてからすでに3年半が経過してますのでその間ほとんどこのブログは更新していなかったということになります。ブログの存在なんぞすっかり忘れてしまっていたほどでしたが、この間ふと思い出してブログのデザインを今の自分に適したものに変更しようとして、いまサムタイム時々っていうバンドでギターとボーカルを担当していて割りといい感じのバンド組めて楽しいなぁと思っているのでその平たく言えばアー写みたいなやつをこのブログのヘッダー部分の画像に割り当ててみたのですがブログタイトルが画像にかぶっているので題字をずらせないか試行錯誤したけどタイムアップ、っていうのが昨日の出来事でした。
はっ 2013年からのことを色々書こうとしたら昨日の話になってしまいました。

とにかくサムタイム時々というふざけた名前のバンドをやっています。2015年9月に最初のライブを行ったので、もうすぐ結成2年になります。来週からはレコーディングも始める予定です。楽しみ。

2011年から向こう、あんなにアニヲタ目指していたのに地元に戻ってからはずっとアニメもままならなかったのですが先日AmazonのPrimeVideoでようやくラブライブ一期みて「おれもラブライバーになったよ!」ってうちのバンドのベーシスト(ラブライバー)に喜々として報告したら「ちゃんと二期もみてくださいよ」と、何ラブライバー気取ってんだよっていう感じで言われてしまいましたので本当にアニメの世界は奥が深い。推しキャラは彼とかぶりましたが。

こうやって思い返すと何も新しいことやってないなぁということに気付かされました。バンドしながら人間としての通常の営みをしている。たまにアニメ見て本を読む。そして相も変わらず世間の流れにも政治にも経済にも疎いままです。それがいいとも悪いとも思わないですが、とにかくそんな感じ。

あと4分!
アップする時間も含めるとこのあたりで終いじゃのう。

一番伝えたいことは、性懲りもなくバンドやっているので、気が向いたらライブやらなんやらに遊びに来てね。っていうことです。今のところ宣伝になりそうなものは以前のライブ告知の動画のみ。

1ヶ月に1回くらいこのブログを更新できるといいなぁと思っています。誰が見て無くても、誰かがみるかもしれない場所に自分の書きなぐった文章をさらけ出す。これって一体どういう行動なんだろうな。

posted by 甲斐まさし at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

忘れないと思ったことも忘れるのが人間というものです。6/20は川崎セルビアンナイトへ。

メロスが激怒したような怒り方をしたことはないけれど、僕もまれに、何かしらの物事に対してちょっとした怒りというか、ムッっとすることはあります。特に報道番組なんかみてるとわりとしょっちゅうムカっとかイラっとかします。

そしてたまにはマスコミに対するアホか、っていう気持ちとかを書こうと思ったんですが、知ってる話題がおいしんぼとか椎名林檎の歌詞とかASKAの覚せい剤問題とかそういうのしかない自分が恥ずかしくなったしそもそもどういった立場の人が最初にワーワー言い始めたのか知らないしマスコミ、って書いちゃうと全体を指していることになって若干意味あいが違うような気がするなぁってなって書けないなぁと思いました。個人的にはどれもくだらないなぁ、とは思います。

なんでこんなことになったかっていうとこの文章の書き出しをこんにちはとかこんばんわじゃないやつにしたかったからです。そして本来の目的はライブのせ・ん・で・ん。

■2014/6/20(金)@川崎セルビアンナイト
<Music Circle Event Connect Vol.5>
IMG_9494.JPG
OPEN/START 19:00
TICKET 2500(前売り 2000円)

あけみホームランという妙なバンドで、20分程ですがライブをやります。
あけみホームランのアー写はこちら。
素敵な紹介文があるのですけれど、色々考えた結果、割愛します。
あけみホームランLOGO20140620VER.jpg
もちろん我々は我々のバンドを見ていただきたいという気持ちが大いにありますが、このイベントは来ていただければ楽しんでいただけることまちがいなし、の素晴らしいイベントです。
バンド・DJ・ダンス。酒。社会との交流。フラっと遊びに来てみるのもありだと思います。

ご都合の宜しい方はわたくし含め関係してそうな方にご連絡を!


それと、7/12には地元宮崎で、小さなライブハウスを東京ドームに空目させてくれる最高にビッグなバンド、MUNA SEAの無期限活動休止ライブに出演させていただきます。僕は2バンドもでしゃばってしまう予定です。本当にいいのかなこれ・・・まだ詳細は未確定です。よろしくお願いします。

■2,014/7/12(土) @宮崎 floor R
<MUNA SEA 無期限活動休止LIVE>
MUNA SEA
西橘事変
GRAPEとVINE
and more...


最近、漫画ばっかり読んでいたのですがひょんなことから父親に村上春樹の「走ることについて語るときに僕の語ること」をなぜかもらったので久しぶりに活字読みました。特別な感想があるわけではないのですが、僕は僕に最もフィットする方法で生きていこうとは思いました。そんでその文庫を先日飲み屋のビップルームみたいなとこに忘れてきました。まだ半分しか読んでない。あな、いみじ。

posted by 甲斐まさし at 00:07| Comment(0) | ライブ告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

どうも。天才です。そう。僕が天才だよ。

こんばんは。

かいまさしともうす。


アニメの世界は、厳しい。消化が間に合わない。

遊びじゃないね。ほんとに。


書くことといったらライブの宣伝くらいしかないんじゃないかというくらいにここ最近はライブの宣伝しかしていませんが、今回も基本的にはそう。宣伝です。別段ライブが多いわけじゃなく、ただ書くことがないだけです。


>>>>>>5/18@宮崎Floor<<<<<<

何年かぶりにSWEETERというバンドでライブします。

このバンドについてはここでは書けないくらいいろんな脳みその中の引き出し的なもの(=要するに思い出)があるので、なんというかとにかく遊びにきてください。すごいバンド達と対バンでございます。

00000000.jpg

SWEETERはここで視聴できます。懐かしのAudioLeaf。

http://www.audioleaf.com/mmmk1934/


>>>>>>6/20@川崎セルビアンナイト<<<<<<

あけみホームランというバンドでやります。

いろんな才能の集まりです。川崎は久しぶりです。関東方面の皆様是非に。

こちらはまた詳細がわかりましたら告知させていただきやす。


閑話休題。

僕の個人的な考えでもあり、割りと一般的で平均的なイメージでもあると思っているのですが、ものごとに対する当たり方として、天才的か、秀才的か、という分類があると(僕は)思っています。本来の言葉の意味そのままではなく、あくまで物事に対する姿勢がどっち的か、というざっくりした意味です。


僕はどちらかというと天才的な当たり方をする方だという自覚があります。

ミュージシャンらしくギターの話で例えると、例えばこういう感じです。


■天才的な感じの人


・メカニカルな運指の練習とかしない

・雰囲気でギター弾く

・音間違ってもあんまり気にしない

・スケールとかわかんないからきいた感じでギターソロとか弾く

・コードは3つくらいしか知らないけど派生してなんか色々思いつく

・音楽をきいて研究とかしない


■秀才的な感じの人

・運指の練習大好き

・なぜこの場面でこういうフレーズが来るといい感じにきこえるのか?という理由を分析したい

・音楽理論を勉強する

・音楽たくさんきいて歴史も学ぶ

・好きなアーティストの好きなアーティストとかも研究する

・ギターのブランドとか製造年まで割と気にする


ちなみに僕はメカニカルな運指の練習は大好きでした。昔。音楽理論も少し勉強しましたが、実践的な学習をしなかったせいかまったく身につきませんでした。なのでやっぱり完全にどっちとかそういう決め付けは難しいのですが、まぁなんというかざっくり、どっちかっていうと、っていうところですけれど、秀才的な雰囲気の人のほうが職業としての音楽家には非常に向いているだろうなぁと思うわけです。天才的なあり方というのは本当に天才でもない限りどこかで限界がくるような気がします。それを、その人の持つ才能の限界、とでも言うのかもしれません。


いろんな場面で、ちゃんとした体系的で実践的な努力をしてこなかったことで限界がきているような感覚になることがたまにあって、そんなわけで。生きていく上で僕はもう少し秀才的な振る舞いをしていかなければいけないなぁと思っています。

(決意)


それとたまに思うのは、人格の破綻した天才(とそれに準じた天才でありたい人たち)とその周りのあり方について。

だいたい天才っていうのは人格が破綻してますが、人格の破綻具合と天才具合のバランスって大変重要だなぁと思います。

天才具合よりも人格の破綻具合が勝ってしまうと、きっと誰もついていけなくなってしまう。

人格の破綻した天才は自分の天才ぶりをきっと冷静に判断できないのだろうけれど、冷静に自分の才能が人を振り回すに値するか否かを考えられるようになるといいんだろうなぁと思います。それってもう天才じゃないのかもしれないけど。


はい。
寝ようか。寝よう。宣伝でした。ばーい。


posted by 甲斐まさし at 00:46| Comment(2) | 思うところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする