2011年04月05日

誰の格言だろうと



 死んでるみたいに生きたくないのはあたり前なのです。
 たとえ僕の人生の最終目標が、寝て暮らす事でも。

 なんか今日突然、もう1曲できそうなきがしてきたので、次のライブは2曲も新曲をやるかもしれません。僕みたいなチメイドの低いアーティストが新曲っていっても、喜んでくれる人は少ししかいないと思うのですが、少しでもいてくれる喜び。うひょひょ

 どんな音楽家でも、好きなフレーズや曲の展開の癖やついつい多用してしまう言葉があると思います。僕も自覚しているだけでも多分30個くらいあります。全部言えといわれても言えません。数えてないし!
 そいで新しい曲を書くときには、毎回 その、癖というかそういうヤツのひとつを禁止したりしてます。もしくはなにか縛りをもうけたりとか。今回は、歌詞を書くときに禁止ワードを1つ2つ。その前は、コードを2つ以上使わないとか、何も考えず出てきたものをすべて採用するとか、コード進行を変化させないとか、マイナーだけど3度の音は鳴らさないとか、そういう感じでなんとなくやってきました。誰も気づかないし別に気にもしてないっていうね。

 でも、メジャー7thを使うなと言われると、僕は曲を作ることすら出来なくなる気がする。そこらへんまだまだなんですねー
 どメジャーなコードでいい歌を歌う人はすげーなぁと思うのです。
 どメジャーは難しい

 最近の僕のすべての曲に共通してしまっている癖があるんですが、それは今回もちょっとあれでした。持続中。いかんなー


 音楽の話でした。

 なんつーか、新しい環境になると古い環境が即懐かしくなってしまいます。過去が溜まっていくなー。懐かしむ過去が増えると、それを懐かしむことで時間が浪費されるから参るのです。
posted by 甲斐まさし at 22:58| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: